格安のレンタカー関連情報

HOMEレンタカードライブに必須のアイテムとは

最終更新日:2017/10/03

レンタカードライブに必須のアイテムとは

黄色の車

レンタカーの利用目的は人それぞれですが、特に長距離ドライブ利用において持っておくべき小物や道具というのがあります。ドライブを楽しく快適にするものもあれば、いざという時のトラブルを未然に防ぐグッズなど、同乗するメンバーの人数や状況に合わせて必要な物を揃えておくのが大切です。いくつか一般的な物について紹介していきますので、ドライブ前に用意しておきましょう。
まずはモバイル機器用の「コンセント」や「携帯充電器」です。スマートフォンや小型デジタルカメラなど、現代人のほとんどが電力を必要とする精密機器を所持しているのが当たり前となりました。社内にはコンセント差し込み口があるので、モバイル機器のバッテリーチャージに利用すると良いでしょう。とは言え自動車用のバッテリーに頼り過ぎるのはあまり良くない事を考えると、電池式の携帯充電器が一番使いやすいかもしれません。携帯充電器はコンビニエンスストアに売っていますので、長期ドライブの際は必ず持っておくと役立つでしょう。
次は、事故や神経疲労を防ぐ各種グッズです。高速道路など平坦な道を長距離運転し続けている場合、人間の脳はだんだんと覚醒レベルが低下していきやすくなり、つい居眠り運転をしてしまう危険性があるのはドライバーなら常識です。それを防ぐためにも、コーヒーやエナジードリンクなどカフェイン系の飲み物、アメやミント系のガムなどは常備しておくのが基本です。周りに迷惑が掛からないようであれば、音楽をかけて歌いながら運転するのも眠気覚ましになります。楽しいドライブですので、きちんと眠気対策を行い、居眠り運転による事故だけは避けておくようにして下さい。
前述した眠気防止グッズと合わせて、長時間運転によるドライバーの神経疲労を緩和するアイテムも揃えておく事を推奨します。特に運転ばかりしていると疲れ目になりやすく、視力そのものも下がって良い事はありません。眼精疲労をやわらげる目薬を携行しておいて下さい。車を停車できる場所があれば、タイミングの良い時に仮眠を摂るのもオススメです。その際は、蒸気で目元を温めるスチームアイマスクを使うと、より効果的に視神経をほぐす事ができるでしょう。どちらも薬局に行けば必ず販売されていますので、長距離ドライブのお供としてダッシュボードなどに入れておいて下さい。
最後は「運転免許証」です。「ドライバーだから免許証持ってて当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、これはドライバー以外の同乗者が持っておくという意味になります。もしも病気や不在などで本来のドライバーが運転できなくなった時は、自動車の運転と搬送を同乗者が行う事となるでしょう。そうなった時は運転免許証が必要となりますので、イザという時に備えて持っておくのが安心となるのです。
レンタカードライブを行う際は、これらのアイテムを持っておくと役立ちますので、旅行の際などは参考にしてみて下さい。

一覧はこちら

格安のレンタカーランキング

TOP